コラム

イラストレーターが知っておきたいPhotoshopの特徴

投稿日:

表現力で勝負したいなら、photoshopを選ぼう

前回フォトショップとイラストレーターの違いについてを書きましたが
今回は、フォトショップの特徴について見ていきましょう。

違いについての時にお伝えした通りフォトショップは「ペイント系」のアプリになります。

ペイント系のアプリは点(ドット・ピクセル)の集まりによって描画を行う画像処理アプリで、大きな特徴としては細かい風合いや表現を得意としています。

例えば、デジタルで水彩画や油絵のようなアナログに近い表現や、光彩や透明感などが綺麗な幻想的な表現、色鮮やかなサイバーテイストのイラストなどがそれにあたるでしょう。

豊富な表現を可能にするブラシのカスタマイズ

フォトショップで豊富な表現をするのに欠かせないのがブラシ機能になります。

フォトショップに標準でついているブラシでも十分に様々な表現が可能ですが、さらにオリジナルのブラシを作成することで水彩画や油絵などのアナログ表現や厚塗りと言われる重厚感のあるデジタル表現が可能になります。

■水彩風にカスタムしたブラシで彩色
suisai

そのほかにも、ブラシのカスタムによってはプリントシール機のスタンプのような使い方もできるので、イラストの背景やフレームデザインにも活用できます。

幅広い質感の表現

グラフィクデザインの業界で使われているフォトショップは、画像の加工を得意としています。

フィルタ機能を使ったテクスチャやレイヤースタイル機能を使ったロゴの作成など、イラストのクオリティアップを助けてくれる機能が多くあるので、幅広い質感の表現ができます。
■フィルタ機能をつかって作成した宇宙空間
seiunn

 

細部までこだわった色調補正

フォトショップは元々写真の修正や補正を行うために作られたアプリですので、イラスト全体の色を調整したり雰囲気を作るのにも適しています。

他のペイント系アプリではできない細かな色合いなどを調整できるので、他のアプリで描かれたものを最後にフォトショップで加工、調整されるイラストレーターも多くいらっしゃいます。

現在はペイント系アプリも種類が多くどれを使ったらいいんだろう。。とお悩みの方もいると思いますので、選ばれる際の参考にしてください。

次回は、イラストレーターの特徴について書いていきます。

-コラム

Copyright© プロから学ぶ!岐阜・一宮のイラスト・マンガ教室SMILES , 2017 AllRights Reserved.