岐阜・名古屋のイラスト&漫画学べる教室!

プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室SMILES

イラストの上達法

なぜイラストが上手く描けないのか

投稿日:

思い通りのイラストが描けない。。。

とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

イラストが上手くなるためには「見る力」と「描く力」の2つの力必要だと書いたことがありますが、今回は「描く力」について詳しく見ていきます。

描く力ってなんだろう??

そもそも描く力とはなんでしょう。
絵を描くためには線を引く必要があります。そして線を引くためには手(腕)を動かす必要があります。
つまり「描く力」とは言い換えると「思い通りに手を動かせる力」のことになります。

簡単にいいますと運動能力ですね。

絵を描くことが運動?と思われる方もいると思いますが、身体を動かすものはすべて運動になります。

なぜ絵が上手く描けないのか?

では、なぜ上手く描けないのでしょうか。
スポーツでもなんでもそうですが、始めたばかりの頃は上手くできないと思います。(稀にいきなり上手な方もいますが。。。)

上手くできない原因はなんでしょう。
それは、「誤差」にあります。
頭の中で思い描いてることと、実際に身体を動かすことの「誤差」があることで

「自分ではこうやって動かそうと思っているのに、実際には違う」

と言ったことが起こるのです。

つまりイラストを描く際にも「まっすぐ線を引きたいと思っているのに、身体が思い通りに動かない」となる訳です。

誤差を埋めるためにはどうすればいいの?

原因が解ったところで誤差をうめるためにはどうしたらいいのでしょう。

それは、「反復練習」です。

頭と身体の誤差をうめるためには、繰り返しの練習が必要になります。
イラストの場合ですと、まずは直線や曲線、四角や三角、円などを繰り返し描くことで誤差を埋めていくことができます。

繰り返しは本当に大切ですね。

岐阜のイラスト・コミック教室Smilesでも毎回受講される際には、はじめに線の練習から行うことを取り入れています。
イラスト教室Smilesでは無料体験を行っています。イラストが上達したい!方は気軽にお問い合わせください。

-イラストの上達法

Copyright© プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室SMILES , 2017 AllRights Reserved.