イラスト・マンガ教室SMILESのトップ

初心者のイラスト上達の秘訣は背景にあり!パース・構図を学ぶべき理由

更新日:

森の背景作画したイメージ

イラストの上達を目指す初心者の人で、何か今一つ作品にまとまりがないと感じる人、それは背景に自分の描きたい世界観の表現ができていないからではないでしょうか。

一枚絵で見せるイラストレーションの世界は、人物の魅力ももちろんですが背景も同じくらいに重要な要素です。自分の絵のレベルをさらに上げたいと思いつつ伸び悩んでいると感じる人は、背景のイラストの上達を目指してみてはいかがでしょう。

ここでは背景を上達するメリットや、背景上達を目指す上で知っておきたい技法について説明します。もっと上達したい方はぜひ参考にして練習してみてください。

イラスト上達の秘訣は、背景作画にある!

背景を上達させるメリット

背景と合わせて描いたイラスト

 

背景を上達させることのメリットは、絵の世界観の表現がしやすくなることや、背景または人物にリアルな質感が増し、絵自体に説得力が出ることです。 まず、初心者の段階でイラストを描き始めて初めに練習するのは人物画でしょう。しかし、だんだん書き進めているうちに今度は人物画に質感や立体感を求めるようになってきます。

人物も立体物の一つですから、手に持っている物や乗っている乗り物などと同じように遠近感が必要です。ギャグ漫画風の絵にはあまり必要ないかもしれませんが、リアルさを求めると遠近感のある・なしは絵の説得力にとって重要な要素になりますし、何より絵のかっこよさが違ってきます。

そこで、改めて背景技術をしっかり学ぶことで、一点透視図法や二点透視図法などのイラストの技術的基礎が学べるようになるのです。「一点透視図法」や「二点透視図法」といった言葉だけを聞くと、初心者には何か難しそうと思えてしまうかもしれません。

しかし、この技術はイラストを描くうえで大事な「構図」を考えるうえで必ず必要になってきます。背景を上達させて絵の説得力を増すことは、自分の絵の世界観を理解してもらい、ファンを増やすことにもつながるのです。

基本はスケッチとデッサン

初心者がイラストを勉強する場合、まずは基本であるスケッチとデッサンが大切です。きっかけは好きな絵や漫画の模写から始まったかもしれません。しかし、そこから1歩進んで自分の絵を描こうと思ったときに大事なのは「構図」を考えることです。

「構図」とはいわば絵の骨格です。これがしっかりしていないと、完成した絵全体が何か違和感のあるものになってしまいます。あえて違和感を狙ったものなら別ですが、そうでない場合、その状態の絵を見ると人物だけが上手くても何か下手だなあと自分でも思ってしまうものです。

ある程度絵が描けるようになってさらなる上達を目指すうえで大事なのは、何も考えずに闇雲に絵を模写や練習をするだけでなく、しっかりと何を学びとりたいのかを自覚したうえでイラストを描くことを習慣にすることです。習慣といっても、他に学業や仕事などを抱えている人はそんなにまとまった時間が取れないと考えるかもしれませんが、時間的には毎日15~30分といった具合に、短時間でも大丈夫です。

要は、イラストを描くことを習慣にし、できる限り毎日手を動かすことが大事になってきます。 ちなみにスケッチは、コップや消しゴムなどの身近にある物でかまわないので、1日10~20分程度で、できるだけ実物を見ながら描いていきましょう。

描いた物との比較用で写真を見るのはかまいませんが、まずは肌感覚で観察眼を育てるためにもできるだけ写真を見るのでなく、実物の立体感を頭に理解させる練習をしていきましょう。そのスケッチしたものを白黒で明暗をつけることで立体感を出して、よりリアルに近づけていくことがデッサンです。陰などの濃淡で立体感を描くことを心掛けてください。

 

一点透視図法を身につける

スケッチとデッサンを繰り返して、頭で考えるだけでなく腕や体全体で「描く」ということになんとなく慣れてきたら、今度はしっかりとした技法を覚えていきましょう。

初心者が陥りがちな平面的な絵から卒業するため大事なのが、立体感を感じさせる「構図」が描けることです。「一点透視図法」などの名前を聞くと難しそうですが、漫画の描き方の本などで「パースを取る」などの言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

パースとは、正しい遠近感や構図を把握するために必要な技法のことです。パース技法の中に、「一点透視図法」、「二点透視図法」、「三点透視図法」といった遠近感や奥行きを正しく把握するための手法が存在します。 パース学習の基礎となるのが「一点透視図法」です。

私たちが普段何気なく見ている絵や風景、写真などの多くに当てはめることができますので試してみてください。「一点透視図法」は、横方向は平行、縦方向は垂直で考え、奥行きのみが1つの点に集まる図法です。透視図(パース)の基礎となる重要な考え方です。

まず基本的に、横方向にいくつか描ける平行線の中で目線の位置にあたる部分に水平線を描きます。必ずその水平線上に消失点を取ります。ここで消失点を1点のみとする描き方が「一点透視図法」です。消失点とは、物体の奥行きが集まった点のことです。物体の奥行きは消失点に向かって小さくなっていき、最終的には1つの点に集約します。

背景作画の作画事例

奥行きを描くコツとしては、物体の奥行きは消失点に向かって小さくなることを意識し、物体の大きさだけでなく描くときの線画の線も細く薄くしていくことで遠くにある雰囲気が出ます。ほぼ見えないであろう部分は飛ばして描くことも表現の一つです。

 

透視図法には他にもある

透視図法は「一点透視図法」以外にも、「二点透視図法」と「三点透視図法」などがあります。それらの一点透視図法との違いは「消失点」の数です。名前の通り、「二点透視図法」は消失点が2つ、「三点透視図法」は消失点が3つになっています。

それぞれの透視図法を身につけることで、どういったイラストが描けるようになるのでしょうか。 まずは基本になる「一点透視図法」ですが、こちらは絵の対象物を真正面から見た場合の絵に限定される構図ということになります。画面で設定した1点の消失点に対してすべてが集約していくわけですが、この技法だけでは構図が単調になりがちです。

そこで、先程の対象物を立方体として考えると、真正面から見たときは正方形ですが、その立方体を少し水平に移動して見てみると、今度は正方形には見えなくなった2つの面が見えるようになり、それぞれの面に対しての奥行きを考える必要が出てきます。そのそれぞれの面に対しての消失点を水平線上に取る図法が「二点透視図法」で、「一点透視図法」以上に立体感のある絵を描くことができます。

さらに、上記の場合には水平のみだった目線の移動に垂直方向の動きも加えた場合、今度は今まで見えなかった立方体の上または下の面も見えるようになり、垂直線上にも3点目の消失点が存在することになります。この描き方が「三点透視図法」です。垂直線上の消失点が水平線の下にあり、立方体の上の面が見える状態が「俯瞰(ふかん)」、垂直線上の消失点が水平線の上にあり、立方体の下の面が見える状態が「あおり」の絵となります。

 

デジタルならではの背景を描く際の特徴

デジタルイラスト作画

デジタルならではの背景を描く際の特徴の一つとして、「パース定規」の機能があげられます。

多くの人がデジタル作画に使っているCLIP STUDIOの場合、パース定規機能で一点透視~三点透視が選べるようになっており、それぞれ必要な消失点を該当のレイヤーに設定した後はフリーハンドで背景を描くことができるので、アナログ時に定規に沿って描くため自然な動きがしづらかった状況と比べると、かなり作画時間の短縮につながります。

また、パースを取る際にも背景を下書きする以外に、背景用に撮った写真などをトレースしやすいので、こちらも作画の時間短縮にもつながりますし、より枚数をこなすことでさらなる技術の向上になります。

 

背景はイラスト上達の早道

イラストを描く場合、背景メインな場合はもちろん、人物メインのイラストであっても立体感の無い平面的な絵と立体感のある絵では画面からの説得力が違ってきます。

たとえ人物しかいない背景無しのイラストであっても、人物の持ち物のパースが狂っていては全体的に不自然ですし、ポーズによっては人間そのものにパースがついているのでパースの勉強をおろそかにしないことが重要です。

一点透視図法などのパースの勉強に関して初心者がイラスト技術を上達するには、背景を描くための勉強が大きなポイントになります。本などを見て独学でできないわけではありませんが、背景の勉強は透視図法などの専門的な技術の習得が求められるため、独学で時間をかけて技術を習得するのは得策ではありません。

まずは技術そのものを磨くために、効率的よくアナログやデジタルの描き方を学べるイラスト教室や絵の学校で学んだうえで、学習時間を短縮して捻出した時間を、数多く自分の作品を描くことに使うのをおすすめします。

さらに詳しく

イラストやマンガの描き方、気軽に通える教室で習ってみませんか?



イラスト・マンガ教室SMILESのヘッダー画像

当イラスト・マンガ教室では、イラストやマンガの描き方を現役のイラストレーター、作家から直接学べます。

詳しくは「イラスト・マンガ教室SMILESについて」をご覧ください。

無料体験カンタン予約フォーム


SMILES
お気軽にご質問くださいませ!3営業日以内で返信いたします!

※注意※入力されたメールアドレスが間違いで、弊社から返信ができないケースがございます。


必須お名前

必須連絡先メールアドレス

任意無料体験希望の校舎

任意体験希望日

任意体験希望時間

任意質問・ご相談内容など




ープライバシーポリシー(個人情報保護方針)

イラスト・マンガ教室SMILESでは、メールでのお問い合わせ、公式LINE@への登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用するものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

ー個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解を頂いた場合
・警察組織など公的な機関への協力のため、開示が必要となる場合

 

ー個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

ーアクセス解析ツールについて

イラスト・マンガ教室SMILESでは、アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

 

ー免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

ープライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


 

北川
最後に・・当教室のページをここまで読んでくださって、ありがとうございます!イラストやマンガが好きで、自分でももっとうまく描けるようになりたい!という方のお役に立てるように、日々レッスン内容や教え方の改善を重ねています。

私たちは初心者や経験者問わず、どなたにも満足のいくレッスンを提供する自信があります。通って頂ければきっとこの教室にくるのが楽しみになるはずです。

ただ、新しいことをはじめるのは勇気がいりますよね。。だからこそ、「無料体験レッスン」でわたしたちの教室を知って頂ければとおもいます。

みなさまの無料体験お申込み、お待ちしております!

\ 教室一覧 /

各教室への交通案内(アクセス)  
無料体験レッスンの流れ

体験レッスンの流れ

よくある質問

よくある質問

\ SMILESのこだわりをご紹介 /

SMILES5つのこだわり

-イラスト・マンガ上達講座

Copyright© プロから学ぶ!イラスト・マンガ教室SMILES(スマイルズ) , 2019 All Rights Reserved.