岐阜・名古屋のイラスト&漫画学べる教室!

プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室SMILES

イラストテクニック

PhotoshopとIllustratorの違いについて

投稿日:

デジタルで絵を描きたいけど、どんなアプリケーションを使ったらいいかわからない。。

というお悩みを持たれている方も多いと思います。

最近ですと、有料のものですと「sai」や「CLIP STUDIO」、
「Photoshop」や「Illustrator」といったアプリ
また、無料のものですと「FireAlpaca」や「MediBang Paint」がよく使われているようです。

特にプロのイラストレーターとなりますと、昔から利用されている「Photoshop」や「Illustrator」は
必ず使えた方がいいアプリになります。

「Photoshop」と「Illustrator」ってどう違うの?

よく受講生さまからこういった質問をいただくことがあります。
それもそのはず、この2つのアプリは同じAdobe社の開発でいつもセットで名前を耳にするからです。

では、具体的にどういったところが違うのでしょうか?

画像編集のアプリは大きく分けて「ペイント系」と「ドロー系」があり、その代表格がAdobe社の「Photoshop」と「Illustrator」なります。

実際には
ペイント系 → 「Photoshop(フォトショップ)」
ドロー系 → 「Illustrator(イラストレーター)」
となっています。

では、簡単にふたつの違いについて見ていきましょう!

ペイント系のアプリとドロー系のアプリの大きな特徴の違いは、画像の処理方法になります。

Photoshopのようなペイント系アプリは、「ピクセル」と呼ばれる小さな点の集まりによって画像を描画します。

いわゆるファミコンのドット絵のようなものですね。

p2のコピー

 

それに対してIllustratorなどのドロー系アプリは「点(ポイント)」と「線(パス)」のつながりによって図形を描画します。

子供が数を覚えるために点と線を繋いでいくようなイメージで図形にしていくものになります。

スクリーンショット 2017-03-15 12.01.58

それぞれ得意なことが違ってきますので、次回各アプリの特徴について詳しく見ていきましょう!

 

 

-イラストテクニック

Copyright© プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室SMILES , 2017 AllRights Reserved.