岐阜、名古屋、福岡のイラスト・漫画学べる教室&スクール!

プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室&スクールSMILES

プロとして活動するのに必要な基本的な作画スキルをもつ女性の画像

イラストレーターになるには

イラストレータ―になる方法とは?求められるスキルについて

更新日:

将来、イラストレーターになって活躍したい!

そんな方は、いまのうちから下記の3つのスキルを磨くべきです。

  • 基本的な画力
  • 作画スピード
  • 豊富な絵のバリエーション

 

ここではイラストレーターになる方法や、求められるスキルをまとめました。

将来イラストレーターになりたい方は、求められるスキルを理解することで、どう頑張ればいいのか?が分かるはずです。

 

イラストレーターになれるのはどんな人?

求められるスキルスキルから逆算して、どんな方がなれる職業なのか?をまとめました。

 

そもそもイラストレーターとはどんな仕事なのか?

イラストレーターの日常的な作業風景

多くの方が憧れるイラストレーターはどんな職業なのかと言えば、依頼に応じたイラストを描く職業のことです。

 

そのように簡単に説明できるとは言え、その仕事内容は実に多種多様です。例えば、私たちが普段何気なく眺めている雑誌や小説などに、文章だけではなくイラストが掲載されていることはよくあります。

それらは単に文章を補足するためだけに用いられていることも多いですが、その魅力が売り上げを左右するほど重要な役割を果たすことも珍しくありません。また、街を歩いているとしばしば目に付く企業の広告やイベントのポスターなどにも、イラストが大きく描かれていますし、インターネット上に企業やお店が公式サイトを出している場合に、イラストによって描かれている情報が分かりやすくなっていることもあるでしょう。

そういった、様々な場所で使用されるイラストを描くのが、イラストレーターという仕事です。

 

基礎的な画力があってこそ、イラストレーターになれます。

プロとして活動するのに必要な基本的な作画スキルをもつ女性の画像

イラストレーターになるためにまず必要なことは、絵を描く基礎的な技術をしっかりと身に付けることです。

そんなことは当たり前だと軽視してしまう人がいるかも知れませんが、イラストレーターという仕事を目指すためには忘れてはならない重要なことです。

 

イラスト教室や専門学校で、基礎的な画力の習得を。

イラスト教室SMILESで学習したビフォーアフターのイラスト

その技術を身に付けるためには、イラスト教室や専門学校に通ってデッサンや画材の使い方などを地道に学ぶことが効果的です。もちろん依頼される仕事によって求められるイラストのテイストは変わって来るので、必ずしも万人が上手だと思うような仕上がりが必要となるわけではありません。

 

基礎力に加え、自分だけの表現を見つけよう!

また、自分らしさが全くない無個性なイラストでは、わざわざその人に仕事を依頼しようとは思われない恐れもあります。とはいえ、芸術性が高いものであったとしても、何を描いてあるのかがよく分からないようなイラストでは、依頼者のニーズを満たすことはできません。

基礎的な画力を身に付ければ、依頼者を満足させたり、自分らしさを発揮したりするステージに進めます。何をおいても、基礎的な画力を身に付け、その後自分だけの表現を身に付けましょう。

 

納期が守れる作画スピードを身に付けることが大事。

イラスト納品を厳守するイラストレーターの作画風景

次に、絵を描くスピードを速くしたり、体力や根気を培うことによって、決められた時間の中で何枚ものイラストを描けるようになる必要があります。

 

世の中には名前が広く知れ渡っていて、一枚のイラストに大きな金額をつけてもらえるようなイラストレーターもたしかにいます。

 

しかし、ほとんどの場合に一枚のイラストに対して支払われる金額はそれほど大きくないため、何枚ものイラストを描かなければまとまった収入がありません。そのため、絵を描くスピードは速いに越したことがないのです。

 

また、仕事の納期にあまり余裕がない場合には、長い時間ずっとデスクの前に座って何枚も絵を描き続けたり、場合によっては徹夜で作業が必要です。その場合にも仕事の完成を諦めることなく、きちんと納期を守れなれば、プロとしての信頼を失ってしまいかねません。

 

発注意図を読み取る想像力・コミュニケーション能力は必須。

クライアントにイラストが認められた瞬間の写真

依頼者の希望に沿ったイラストが描けることが、イラストレーターには必要です。

趣味や芸術活動として描くのであれば、自分が思うような絵を描くことが可能でしょう。しかし、依頼に応じたイラストを仕上げなければならないイラストレーターの場合には、そのような描き方ではやっていけません。自分のスタイルを捨ててでも、依頼者を満足させるような絵を描くというプロ意識を持つことがまず必要となります。

また、依頼者の注文からその意図をきちんと汲み取れるような想像力を鍛えることや、注文に応じて様々なテイストのイラストを描くことが出来るように、絵のバリエーションを出来るだけ豊富にしておくことなども重要です。

さらに、一度描いて提出したイラストに不満を持たれて修正を要求された場合に、その要求をきちんと取り入れることが出来るような柔軟性を持つことも大事だと言えます。そのような場合でも心が折れないようにするためには、メンタル面の強さを身に付けておくことが必要だと言えます。

 

イラストレーターという職業の将来性

イラストレーターとしての将来を考える男性の写真

職業としての将来性について考えてみると、イラストレーターという職業には将来性は十分にあると言えます。確かに、近年では雑誌小説などの本が昔よりも売れなくなってきているため、出版業界におけるイラストレーターの需要は小さくなる恐れがあるかも知れません。

しかし、インターネットの世界は今後ますます発展していくと予想されるので、ウェブページに掲載されるイラストを描く仕事も増える可能性は高いと言えます。ただし、イラストレーターとして活動している人やそれを目指している人が多いので、競争が激しい中を勝ち抜かなければ、その仕事を長く続けられないこともまた事実です。

 

長く続けるためには、継続的なスキルアップが必要。

長く続けられるイラストレーターになるためには、パソコンでイラストを描くための最新のソフトを使いこなせるようにしたり、多くの依頼を受けられるような営業力を磨いたりなど、作画技術以外にも、ヒアリング能力含めた色々な面でのスキルアップが必要です。

 

まとめ

イラストに仕事として関わっていくには、作画スピードや基本的な画力、絵のバリエーション、コミュニケーション能力などが必要です。また継続的なスキルアップが必要な職業でもあります。

 

 

プロが教える上達法!

鉛筆の写真 1

初心者の場合、ただ漠然と自分で絵やイラストを書いてみたいと思っても具体的に何から始めればいいか分かりませんよね。 絵を書くにしても必要な道具類や練習方法も分からず途方に暮れている人もいるはずです。 こ ...

イラスト 模写 2

イラスト初心者の方は、何から手を付けて良いかわからない方が多いと思います。 青山イラスト上達のためには、まずは基礎練習や模写を行い、基本的な画力を身につけることが大切ですよ。 今回は、イラスト初心者が ...

イラスト・マンガ教室の探し方 3

  自分の想像するシーンやキャラクターを自由に描くことができたら楽しいですよね。 『イラスト教室』や『イラスト講座』と検索すると数多くの教室・講座がヒットします。   しかし、その ...

イラストレーターの日常的な作業風景 4

イラストレーターってどんな仕事なの? 仕事がもらえる人と、そうでないイラストレーターはどうちがう? そんな疑問お持ちではないでしょうか? イラストレーターは、依頼されたイラストを、早く、意図通りに描い ...

-イラストレーターになるには

Copyright© プロから学ぶ!岐阜・名古屋のイラスト・マンガ教室&スクールSMILES , 2018 All Rights Reserved.