雰囲気あるマンガが描ける!クリスタのデジ絵トーンの貼り方講座

  1. イラスト・マンガ教室TOP >
  2. 漫画上達講座 >

雰囲気あるマンガが描ける!クリスタのデジ絵トーンの貼り方講座

生徒様
クリップスタジオペイントでトーンを使って漫画を描きたいけどどうやったらいいの・・?デジタルでトーンの貼り方がわかりません。。!
SMILES
ここではクリスタで使える基本的なトーンの貼り方からトーン貼りで使えるテクニックの紹介をします! トーンの貼り方が分からない方はぜひ参考にしてみて下さい。

トーン貼りをマスターして、ぐぐっ!とクオリティーの高い漫画を描けるようになりましょう!

初めてでもわかる!クリスタを使ったトーンの貼り方を解説

クリスタでトーンを貼る時の基本設定

デジタル原稿用のデータ作成時、キャンパスの基本表現色を『モノクロ』に設定しましょう。

モノクロでは、画像を白と黒の2色(ニ階調)のみで表現されるため、グレーや中間色という概念を持ちません。そのため、白黒以外の明暗をつけたい時には網点トーンを使って表現します。アナログ線画をスキャナで取り込んで上記に設定した場合、中間色なくなり白黒に分かれるため元画像に近い線画にできます。

最初に設定をし忘れても、編集からキャンパス基本設定を変更を選択して再設定ができます。

 

クリスタでのトーンの貼り方(基本)

クリスタでのトーンの貼る方法を2通り紹介します。

どちらの方法もできるようになって、使い分けできるようになるといいですね!

素材を利用してトーンを貼る

step
1
クリスタ付属の基本素材「トーン」を選択

図の場所から、クリスタ付属の基本素材「トーン」を使用できます。

画面上に見当たらない場合は、右上の赤のしるしの位置に「≪」が表示されていますので、クリックすると展開されます。

ツールの選択

『ウインドウ』→『素材』→『素材[基本]』を選択することでも表示されます。

 

step
2
キャンパスにトーンを貼り付け

好きなトーン素材を選び、キャンパス上にドラッグアンドドロップ。

原稿全体に張られますので、一旦それを「Delete」で削除しておきます。

 

step
3
トーンを描画する

その後ペンツールやエアブラシ等、様々なツールでトーンを描画できます。また、選択範囲で編集箇所を限定して塗りつぶすといった使い方もできます。

 

選択範囲+簡易トーン作成

step
1
「新規トーン作成」を選択

選択範囲を取ります。図の「新規トーン作成」をクリックします。

ツールの選択

『選択範囲ランチャー』→『新規トーン』

step
2
「簡易トーン設定」で好きなトーンに設定する

「簡易トーン設定」のウインドウが表示されます。線数や濃度の数値を変更することで使用目的に沿ったトーンレイヤーを作成することができます。

設定が終わったらOKを押します。

線数 網点の密度。数字が大きくなると網点の密度が上がり、小さくなると網点の密度が下がる。

30線で作成したトーンの方が、網点の密度が下がり余白が広く感じます。
60以上に設定すると原稿縮小時に網点が細かすぎて潰れてしまったり、前述した通り濃度が薄いと印刷しても綺麗に出ない可能性がありますので、30~60線で留めた方が無難です。
濃度 網点の大きさ。濃度が0に近いほど網点が小さく、100に近付くほど密度が増します。用途に合わせて設定します。
白や黄色、肌色といった高明度の色は〔0~30%〕黒や紺色など低明度は〔50~100%〕赤青緑といった有彩色はモノクロに変換すると中明度になるため〔30~60%〕といった風に使い分けましょう。
影として使用する場合、例えば肌の影は10~30%くらいの濃度で塗ると綺麗です。固有色のある服や髪の影は、ベース色に+10~20%濃度くらいを基準にしましょう。小麦肌のキャラクターで地肌を20%とした場合、影色は40%で着色するといったイメージです。
種類 網点の形。基本的にはに設定します。(グラデーションを使用する際は、菱形に変更すると中間色が綺麗に見えます)
ハートや星など個性的な形状は、線数を5線など(網点のサイズを大きく)設定すると背景柄として応用使いも出来ますが、肌や服などの明暗には目立ちすぎて向かないので状況に合わせて使い分けて下さい。
角度 網点の並ぶ角度。基本的には45度で設定します。

step
3
トーンが貼れました

選択された範囲内に、指定のトーンが貼れました。

※ウィンドウ下部にある「同じ設定のトーンがある時はこの一つにまとめる」のチェックを外しますと、同じ設定(同じ線数や濃度)のトーンレイヤーを個別に複数作成できます。

 

 

クリスタでのトーンの貼り方(便利機能)

クリスタでトーンを貼る時に使える便利機能を紹介します。便利なので覚えておきましょう。

『クイックマスク』を使用したトーンの貼り方

『クイックマスク』というのは、描画ツールを使用して選択範囲を作成する機能です。

あらかじめ選択したいところを描画するので、どこにトーンを貼ったのかが視認しやすくなります。

step
1
『クイックマスク』を選択

ツールの選択

『選択範囲』→『クイックマスク』

メニューバーの『選択範囲』→『クイックマスク』を選択すると、レイヤーパネル内にクイックマスクのレイヤーが作成されます。

※この貼り方を常用する場合、クイックマスクの使用頻度が高いため、ショートカット設定をしておくと便利です。

step
2
クイックマスクのレイヤーに描画する

クイックマスクの色は、自動的に半透明の赤色になっています。

トーンを貼りたい箇所を、塗りつぶしツールやGペン等のブラシで着色していきます。

step
3
再度『クイックマスク』を選択

再度メニューバー「選択範囲」→「クイックマスク」を選択すれば、赤色の部分が選択範囲として表示されます。

ツールの選択

『選択範囲』→『クイックマスク』

step
4
トーンを張り付けて完成

最初に説明した方法のどちらでも構いませんので、簡易トーンまたは素材トーンを貼り付けて完成です。

このようにクイックマスクを使用して塗り残しのない綺麗な仕上がりを目指してみてください。

『クイックマスク』を使用したトーン貼りと合わせて使いたいクリスタの機能

塗り残しが出た場合は『囲って塗る』を使ってみよう

上記の方法と合わせて塗りつぶしツール内の『囲って塗る』を使ってみましょう。

線画が細かい場合、髪の毛の隙間など細部に塗り残しが出てしまう場合があります。

囲って塗るを使用すれば、ペンやブラシを使って自力で塗りなおすといった手作業をする必要がなく簡単に解消できます。

投げなわツールのように塗りたいところを選択したり、「塗り残し部分に塗る」を使用すればペンツールのように選択できます。

トーンの貼りつけ部分が見えにくい場合は『トーン領域を表示する』を使ってみよう

濃度が低く色が薄いトーンは貼り付け部分が視認しづらい場合があります、そんな時はトーン領域表示を使ってみましょう。メニューバーから表示を選択してトーン領域表示から『選択中のトーンの領域を表示』をクリックします。

トーン領域表示がオンになり、画像のように貼り付け部分が水色で表示されて分かりやすくなりました。作業が終わるまで表示をオンにしたままでも、必要がなくなれば上記手順で再度表示をオフにすることも出来ます。

クイックマスクを使用せずにペンツールで細部を塗りたい場合にもおススメです。

 

グレーから網点トーンをつくる

昨今の印刷技術なら、グレースケール(※白~灰~黒でなる表現色)の状態でグレーで影を付けたまま入稿しても綺麗に印刷が出来るようになりました。しかし極端に濃度が低く色が薄いと、しっかりと塗ったはずなのに、紙面上で見ると消えてしまっているといったケースもあります。

グレーの塗りをそのまま網点トーン化する機能を使えば、エアブラシ等による柔らかい影の塗りを残しながら紙面への印刷を綺麗に保つことが出来ます。

step
1
グレーで着色していきます

表現色をグレーの状態にして、通常レイヤーにカラー着色をするのと同じように、エアブラシや水彩ブラシ等で陰影をつけていきます。

※表現色がモノクロになっていると、中間色にあたるグレーは白と黒のみの二階調化されてしまい上手く着色できないため要確認

トーン部分とグレー部分を見比べると、グレーの方がぼやっとした輪郭に見えています。

step
2
レイヤープロパティの効果『トーン』を選択

グレーで着色したレイヤーを選択し、レイヤープロパティ効果『トーン』をクリックするとグレー部分がグラデーションの要領で綺麗に網点化します。

step
3
仕上げ

線画の下に網点化したレイヤーを移動させれば問題ありませんが、画像のように線画や他トーンレイヤーの上に重ねていると、下のレイヤーがグレー部分に隠れてしまいぼやけています。合成モード乗算に変更したり編集から輝度を透明度に変換を使って白く重なってしまった箇所を透明に編集すれば、網点化された黒色部分のみが表示されて仕上がりが良くなります。

step
4
グレーから網点トーンができました

 

演出力がアップする!トーンを使った描画テクニック(応用編)

基本網点トーン以外のさまざまな描画方法を用いることで、モノクロでも明暗を幅広く表現できます。

グラデーショントーン

コミック用キャンパス上で、マンガ用グラデーションを使えば自動でグラデトーンを作成できます。

また、グラデトーンは初期設定で、「レイヤープロパティ」の「濃度」では『画像の色を使用』になっていると思いますので、その設定を画像の輝度を使用にしてください。

毎度設定するのは面倒なので、左上の三本線から、初期設定に登録をすると早いです。

 

また、色を設定することで、グラデの濃さも変更できます。

色を設定して、図の小さい四角のところを選択すると、その色になります。

不透明度の変更でも同じ効果が得られますので、使いやすい方法で調整してみましょう。

 

トーン削り

陰影でのぼかし

トーンを削ることで、べた張りとは違う印象を与える。

『トーン削りブラシ』は、エアブラシツール内にある初期設定ブラシです。

クリスタの初期設定ブラシは、アナログ描画再現に特化したブラシが多いのも特徴ですが、トーン削りブラシもまたカッターやナイフでスクリーントーンを削ったように描画出来ます。

トーン削りを使用したい箇所に、まずは新規トーンを貼り付けましょう。

トーン削りブラシは、そのまま使うと描画色で着色するしか出来ないため、削り(消しゴム)として使用する際には〔描画色/背景色〕の下にあります透明色に変更して下さい。

※デジタルイラストでは、何も描画されていない領域=透明ピクセル部分をグレーと白の市松模様で表示します。

用途に合わせてブラシサイズや粒子サイズ、粒子密度、散布偏向を設定しましょう。

ブラシサイズ ブラシ範囲。大きめに設定すると削り範囲が広がり広範囲の使用に便利です。
粒子サイズ 点の大きさ。トーンの線数が60線など細かいものであれば小さめに設定して頂き、逆に30線など粗目であれば大き目で使うと削り跡を目立たせずに使用できます。
粒子密度 粒子の塊のよる密集度。やや余白がある程度で使用して頂ければ、最初から削り過ぎてしまわず様子を見ながら綺麗な削り表現が目指せます。
散布偏向 粒子の拡がり範囲。設定すると粒子が上下に向かって拡がっていきます。こちらも粒子密度と同様にやや隙間がある程度で使用して頂くのをおすすめします。

またトーンレイヤー上でトーン削りを使用する時『レイヤーマスク』機能を理解しておきましょう。

透明色を使って削った箇所は、一見すると消しゴムで消したのと同じように感じますが、これは一時的に不可視になっている状態のため、ペンやブラシ等で描画すると不可視化されていたトーンが浮き出てきます。

完全に消してしまうわけではないので、修正がしやすく後で部分的に線画を描き直しても簡単に塗り直しが出来るので覚えておくと便利です。

雲の表現

作品例は、チョークを使用して削っています。

色として使う。影として使う。

同じ60L10%でも、褐色の肌と、肌についた影の違いが出る。

『オブジェクト』で調整して模様を好みの大きさや角度に

ツール選択

『操作ツール』→『オブジェクト』

服の模様や柄の大きさ、角度を変更するのに役立ちます。

編集したい模様トーンをレイヤーパネルで選択しておき、そのままツールバーの操作『オブジェクト』ツールを選択しますと、編集用の枠がキャンパス上に表示されます。この枠を自由に動かして模様を好みの大きさや角度に調整することが出来ます。

腕を曲げたポーズだと、胴体と袖で模様の角度が変化していないと不自然に見えてしまう場合があります。パーツ別に模様レイヤーを分けて作成すれば、身体の動きにあわせて角度を変更出来て、自然な服の模様表現がつくれます。

『トーン柄移動』で明暗をつける

ツール選択

『移動ツール』→『トーン柄移動』

同じ線数と同じ濃度のトーンでも、網点の位置を移動させて明暗をつけることが出来ます。

画像の箱は、2種類のトーンレイヤーで影がつけられていますが、どちらも60線と10%濃度で同じ設定のため網点が上下で重なってしまい明暗の差が感じられません。編集したいレイヤーを選んだ状態で、ツールバーの移動ツールよりトーン柄移動を使ってキャンパス上をマウスドラッグすると赤い網点と青い網点の位置がずれて明暗の違いを視認出来るように出来ます。

 

 

クリスタで使えるおすすめトーン

おすすめトーン1:背景トーン

背景を描くのが苦手な方は、『背景』トーンを使ってみましょう。

サンプルでご紹介した雲トーンは、屋外描写をするのに最適ですバリエーションも豊富な使いやすい背景トーンの1つです。

ビル街や学校といった建物トーンと合わせて使えば手軽なのに密度の高いシーンがあっという間に作れてしまいます。

おすすめトーン2:効果・心情トーン

効果・心情トーンには、バトルシーンに活用できそうな流線や集中線はもちろん稲妻トーンといった変わり種も揃っています。

また少女漫画的な心情描写に使えるキラキラやレース、花柄といった可愛らしいトーンもありますので、ジャンルを問わずに活用できます。

おすすめトーン3:万線・柄トーン

万線・柄トーンを使えば、バリエーション豊かな服の柄を作ることが出来ます。

今回ご紹介した万線はシンプルで応用力の高いトーンのため、キャラクターの影にも使うことが出来ますね。

複雑な柄物も取り揃っていますので、大好きなキャラクターの服装も簡単に再現できちゃうのが嬉しいですね。

クリスタの中のトーンの種類を増やすには?

クリスタでは、ユーザー側で作成した図柄をを素材登録して使用することが出来ます。

空や建造物の写真をレイヤーのLT変換(※EXのみ)等で網点化して素材登録すれば、オリジナルの背景トーンとして使用可能です。

また上記で作成した素材を『CLIP STUDIO ASSETS』より配布・ダウンロード出来ます。

CLIP STUDIO ASSETS
CLIP STUDIO ASSETS

イラスト・マンガ制作に役立つトーン、ブラシ、3Dデータなどの素材をダウンロードしたり、自作の素材をアップロードしたりできます。CLIP STUDIO PAINTなどのグラフィックソフトに読み込んで使え ...

続きを見る

クリスタのスタート画面左側のメニューから〔素材をさがす〕を選択するか、WEB上でログインして素材を検索してみましょう。

図柄の種類も豊富で、無料で使用できるものも多いので気に入った素材があればダウンロードして活用してみてください。(※素材利用時は、記事冒頭のトーン素材を使用する欄をご参照下さい)

 

クリスタでトーン貼りの注意点とは?

塗り残し、はみ出さないこと!

特にデジタルでは、細かい部分のトーンの塗り残しやはみ出しが発生しやすいです。

塗り残し範囲が分かりやすく視認できる「クイックマスク」を使用したトーンの貼り方をおすすめします。

一番は、印刷して確認しますと細かいところにも気づきやすいです。

トーンを貼りすぎないように!

トーンを重ねて使いすぎると人物や背景の境目がぼやけて画面が見づらくなってしまったり、

絵柄との相性にもよりますが、影トーンを貼るにも何枚も重ねて貼ってしまうことで変にリアルな肌質になってしまい違和感の原因になる場合もあります。

影トーンは、多くても薄い影と濃い影の2枚ほどに留めておきましょう。

モアレが出ないよう線数や角度をそろえよう!

モアレとは、線数や角度を変えたトーン同士を重ねた際に出てくる幾何学的模様のことです。

意図的に使う場合もありますが、モアレが発生した箇所は画面が汚く見えてしまうので、重ねて使うときは線数や角度をそろえて使いましょう。

トーンが薄すぎないように!

トーンの線数が細かすぎるとPC画面上ではしっかり見えますが、実際商業誌や印刷されたときにトーンが潰れてしまって綺麗に出ない場合があります。

線画にトーンを貼らないように!

線画もトーンも黒いので重なっていても一見問題なく見えていますが、後になって線画を修正したいと思った際、線画を消すと下に重なっていたトーンが浮き出てしまいます。

線を消してトーンを消して・・・と二度手間になってしまいますので、「クイックマスク」の使用が大変おすすめです。

 

デジタルトーンは漫画のクオリティを底上げしてくれる

デジタルトーンを効果的に使用することで、描線のみでは難しい明暗を表現出来ますし、画面密度をあげて商業誌さながらのクオリティ高い画作りを目指せます。

また線画やお話に時間を割いてこだわりたいという方には、これらのトーンを使用して頂けたら制作時間の削減にも役立つことでしょう。

楽しくてついつい使い過ぎてしまうと画面がごちゃついて見えてしまうので要注意ですが、アイデア次第で多種多様な使い方が出来ますので、ぜひデジタルトーンを使いこなしてみてください。

クリスタを使ったデジタルのトーン貼りでもっと表現力を上げたい方へ

クリスタを使ったデジタルトーンの基本的な貼り方はわかったけどもっと使いこなせるようになりたい!

といった時は現役のプロの講師の指導を受けることで、新しい発見があったりもっと深く学べるので、イラスト・漫画教室を受講されるのもおすすめです。

直接指導を受けることで、自分が理想としている漫画に少しでも近づけるようになります。

興味がある方は一度無料体験から始めてみましょう!

イラストやマンガの描き方、気軽に通える教室で習ってみませんか?


イラスト・マンガ教室SMILESのヘッダー画像

当イラスト・マンガ教室では、イラストやマンガの描き方を現役のイラストレーター、作家から直接学べます。

詳しくは「イラスト・マンガ教室SMILESについて」をご覧ください。

無料体験カンタン予約フォーム


SMILES
お気軽にご質問くださいませ!3営業日以内で返信いたします!

必須お名前

必須連絡先メールアドレス

任意無料体験希望の校舎

任意質問・ご相談内容など




ープライバシーポリシー(個人情報保護方針)

イラスト・マンガ教室SMILESでは、メールでのお問い合わせ、公式LINE@への登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用するものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

ー個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解を頂いた場合
・警察組織など公的な機関への協力のため、開示が必要となる場合

 

ー個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

ーアクセス解析ツールについて

イラスト・マンガ教室SMILESでは、アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

 

ー免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

ープライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


 

北川
最後に・・当教室のページをここまで読んでくださって、ありがとうございます!イラストやマンガが好きで、自分でももっとうまく描けるようになりたい!という方のお役に立てるように、日々レッスン内容や教え方の改善を重ねています。

私たちは初心者や経験者問わず、どなたにも満足のいくレッスンを提供する自信があります。通って頂ければきっとこの教室にくるのが楽しみになるはずです。

ただ、新しいことをはじめるのは勇気がいりますよね。。だからこそ、「無料体験レッスン」でわたしたちの教室を知って頂ければとおもいます。

みなさまの無料体験お申込み、お待ちしております!

\ 教室一覧 /

各教室への交通案内(アクセス)  
無料体験レッスンの流れ

体験レッスンの流れ

よくある質問

よくある質問

\ SMILESのこだわりをご紹介 /

SMILES5つのこだわり

イラスト・マンガ教室SMILESについて知りたい事を調べる

-漫画上達講座, 漫画家になるには

© 2020 プロから学ぶ!イラスト・マンガ教室SMILES(スマイルズ)