button-texticon-angleicon-arrow-bottomicon-arrow-footericon-arrow-lefticon-checkicon-circleicon-closeicon-crossicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-mailicon-pinteresticon-plan-01icon-plan-02icon-plan-03icon-pocketicon-tagicon-twittericon-youtubelogo-simple
now
イラストのテイストを着せ替える
サイト内のイラストを
あなたの好みに変えられるよ!
テイストをいろいろに
変更しました
テイストをマンガに
変更しました
テイストをミニキャラに
変更しました
絹谷ゆたか先生にインタビュー!経歴紹介や活きた線画を描くコツも
絹谷ゆたか先生にインタビュー!経歴紹介や活きた線画を描くコツも

ふわふわ耳の子や、人間とはすこし違う子を描くのが好きなイラストレーター絹谷ゆたか先生。

ゲーム会社出身のご経歴をお持ちで、イラストの制作やディレクション、キャラクターデザイン、衣装デザイン等で実績を積まれた後に、フリーランスとして独立をされていらっしゃいます。

現在は商業でのイラスト制作はもちろん、自主制作としてオリジナルキャラクターの創作活動や、自主制作の短編ノベルゲーム『 SMOKY WHITE 』をリリースされています。

ここでは絹谷ゆたか先生の制作へのこだわりや、作画中の習慣、その他ご経歴などについてインタビューさせていただきました。

これからイラストレーターを目指される方や、もっとイラスト制作を上達したい方は一歩を踏み出す参考にしてみましょう

絹谷ゆたか先生から学ぼう!イラスト制作への姿勢やこだわりも紹介

絵を描く仕事がしたいといつから思い始めましたか?ご家族や周囲の反応などあれば合わせてお願い致します。

絹谷ゆたか先生
子供のころから絵を描いて過ごすことが多く、将来の夢の欄には漫画家とずっと書いていました。

絹谷ゆたか先生:インターネット上でイラストで交流することが好きで、時間があればずっと絵を描いていたように思います。

中学生になる頃にはアニメーターやイラストレーターになることを視野に入れていました。

家族は絵に関してはあくまでも趣味という認識で、仕事にすることには反対でした。

ほかの仕事に就くようにという方針だったので、勉強をして親が決めた高校へ進学しました。

絹谷ゆたか先生の過去イラスト
過去イラスト

卒業後はゲーム会社に勤務されたそうですが、ゲームデザイナーとして活動されていた時期の思い出深いエピソードなどございますか?

絹谷ゆたか先生
月並みですが、自分の描いたイラストがゲームという媒体を通して、 ひとつのキャラクターとしてリリースされるのが嬉しかったです。

絹谷ゆたか先生:それまではあくまで自分の引いた線と色の集合体だったものが、

ゲーム開発に関わる様々な方の手によりキャラクターとして昇華される様は毎回感動的でした。

仕事ぞれぞれに思い入れがあるので自分が描いたイラストが出るたびに緊張していた覚えがあります。

特にデザインを担当したキャラクターたちには思い入れがあり、リリースされる当日まで全然眠れませんでした。

ただ、その肌を焼かれるようなヒリヒリした感覚含め、生きている感じがして好きでした。

家族に関してはイラストと関係ない仕事への就職や資格の取得などを経て

経済的に自立をしたことにより、ある程度自由にしてもらえるようになりました。

結果としてイラストで生計を立てられるようになり、丸く収まりました。

影響を受けた作家さまや、絵を描くきっかけとなった人物はいますか?また出会ったきっかけもあわせてお願い致します。

絹谷ゆたか先生
アニメーターの伊藤郁子先生、しもがさ美穂先生、漫画家の萩尾望都先生に特に強く影響をうけています。

絹谷ゆたか先生:特に伊藤郁子先生キャラクターデザインの「セーラームーン」や「プリンセスチュチュ」が大好きで

自分がかわいいと感じるバランスの源流はそのあたりにあると思っています。

絹谷ゆたか先生のイラスト

絹谷先生は、愛らしい美少女たちを数多く描かれてきていますが「かわいい」を作るためのコツや独自のルールなどはございますか?

絹谷ゆたか先生
顔のパーツの配置には気を付けています。

絹谷ゆたか先生:私は目が離れている絵柄が好きなので、自分の好みの顔になるようにドット単位で調整したりします。

また、鼻や口の情報量が少ない絵柄なので、立体的に見えるよう配置に気を付けています。

イラストレーターや漫画家に憧れる方が多い中、プロになる前の絹谷先生はどのような活動やアプローチをされましたか?現在も続けていることがあればあわせてお願い致します。

絹谷ゆたか先生
社会人として働きながら、TwitterやPixiv、Tumblrなどにイラストを公開していました。

絹谷ゆたか先生:続けていくうちに少しずつ見てくださる方が増えていって、より頑張って描こうという気持ちになりました。

また、コミティア等のイベントに遊びに行った際、知り合いの方からお仕事のお誘いを頂いたりすることもありました。

昨今のSNSではより多くの注目を集めたい、評価されたいと感じる方々も増えています。絹谷先生がイラストを投稿する際に気を付けていることや、周囲の反応を得て実感した出来事などございますか?

絹谷ゆたか先生
投稿媒体によってイラストをどうトリミングするかは気をつけるようになりました。

絹谷ゆたか先生:今のTwitterだと縦長の画像が見やすいので、縦長で投稿したりしています。

顔が良く見えるイラストだと沢山反応いただけることが多いような気がします。

絹谷ゆたか先生のイラスト

魅力的な絵を描くためのコツや、おすすめの上達法はございますか?

絹谷ゆたか先生
キャラクターが中心にいる絵を描く際は、 なるべくそのキャラクターの気持ちを考えて描くようにしています。

絹谷ゆたか先生:感情が重要な絵の場合は実際に目の前にその人がいることを想定して、

向かい合って話しているような感覚で描くとうまくいくことが多いです。

楽しくてふわふわした絵を描くときは、なるべく楽しんで描くようにしています。

自分が描いている最中に笑顔になっていたらお気に入りのイラストになることが多いです。

egaco
その場で手が触れられそうなほど存在感を感じさせる作品が多いのは、キャラクターの視点に立ち返って作画されているからなのですね。 絹谷先生のイラストは、スッと引かれた柔らかく芯のある線画やふんわりとした優しい配色が魅力的だと感じます。

活きた線画を描くために、髪や肌などのパーツ毎で意識されていることはございますか?

絹谷ゆたか先生
描いてる対象がどれくらい硬いか柔らかいかは考えて描いてることが多いです。

絹谷ゆたか先生:髪の毛の場合、触ったらふわふわなのか、さらさらなのか、ごわごわなのか、毛質が太いのか細いのか等

肌の場合は、いま引いた線の部分が骨に少し皮が乗っている程度なのか、柔らかい脂肪が乗っているのか、筋肉がついているのか等

髪の毛と肌はとくに描いていて楽しいです!

絹谷ゆたか先生のイラスト

絹谷先生がイラストを制作する際に、特にこだわって描き込まれる部分をお聞きしても良いでしょうか?

絹谷ゆたか先生
顔、特に目の周りは描き込み量を増やしています。

絹谷ゆたか先生:私の絵柄は鼻と口の情報量が少なく、顔の印象が薄くなりがちなのでそこを補う意味もあります。

あとは身体を描くのも好きです。

肌の露出が多い絵を描く場合は、なるべく肉や骨の質感まで追って描いています。

身体の質感を追っていくと、キャラクターがより生っぽく感じられて気に入っています。

絹谷ゆたか先生の過去イラスト
過去イラスト

絵を描くのに悩んだりつまづいたりしたご経験はありますか?どのように逆境を乗り越えたかもあわせてお願い致します。

絹谷ゆたか先生
日々つまづいて悩んでいます!

絹谷ゆたか先生:数日描けなくなってしまうことがよくあるので、そういうときは寝てみたり、

音楽を聴いたりゲームしたり映画を観たりしてみます。

ただ、それでも駄目な場合が多いので、そういう時は「駄目だな〜」と言いながら無理やりキャンバスに向かって、駄目じゃなくなるまでとりあえず描いています。

作業中の習慣や、お仕事以外のお時間や余暇をどのようにお過ごしかお聞かせいただけますか?

絹谷ゆたか先生
作業時はずっと音楽を聴いています。

絹谷ゆたか先生:絵を描いている時間=音楽を聴いている時間なので、

もしかしたらアニメや漫画を見ている時間よりも長いかもしれないです。

余暇の時間はゲームをしたり漫画を読んだりアニメを見たりしていますが、

最近は割と家事をしたり、生活に追われてることが多いです。

まとまった時間が取れないときは、MVを観ることがおおいです。

絹谷先生は1枚の作品をつくるのにどれくらいのペースで描き上げられますか?構想やアイデア、線画、塗りでそれぞれ何時間〜何日くらいか教えてください。

絹谷ゆたか先生
ご依頼で描いているものや、自主制作でのちゃんとした一枚絵は、ラフで1〜2日、線画で1日〜3日、塗りで1日〜3日くらいです。

絹谷ゆたか先生:詰まってしまうともっと掛かってしまうときもあります。

構想やアイデアはずっと考えていたり、突然降ってきたりまちまちです。

Twitterにあげているようなラフなものは上記のイラストの合間に2〜3時間くらいで描いています。

絹谷ゆたか先生のイラスト
egaco
アイデア出しは、天啓めいたものでもあるのですね。 趣味のイラストでは、最短でも2時間で1枚イラストを仕上げられているというのに大変驚きました!

お仕事と趣味で描かれるもの、制作時間以外にそれぞれで具体的に区別をつけていることなどございますか?

絹谷ゆたか先生
お仕事のイラストはクライアントの希望が一番ですので、それに応えることを第一に制作します。

絹谷ゆたか先生:キャラクターを描く際もなるべく魅力が伝わるように、ポーズ案も考えたり試行錯誤をします。

趣味のイラストは私が楽しんで描く息抜きですので、何も考えず顔アップの絵を描いてしまうことが多いです。

制作の時間が短いのは、他のお仕事のイラストで考えている分、あまり考えずに気楽に描いているからです。

仕事で使われている道具や機材、作画環境をお教えいただけませんか?

作業風景
絹谷ゆたか先生
ソフトはsai2とCLIP STUDIOを使用しています。 ペンタブレットはXP-PENのArtist12Proです。液タブの状態と板タブの状態を肩の調子によって使い分けています。
egaco
タブレット機材を体調にあわせて使い分けされるのは、珍しいスタイルですね。

元々メインで使われていたのはどちらになりますか?また板タブと液タブのそれぞれで作画していて絹谷先生が感じるメリット、デメリットを教えて下さい。

絹谷ゆたか先生
もともとのメインは液タブでしたが、長時間描いていると首と肩と腰がバキバキになってしまいます。

絹谷ゆたか先生:多分これが一番のデメリットだと思います。

また、液タブは常に近距離で光っている画面を見続けるので目が疲れます。個人差はあると思いますが…。

描き心地や速さは液タブのほうが勝っていると感じました。

逆に板タブは慣れに時間がかかる分、モニタまでの距離が遠いということと、姿勢に無理がないので上記のデメリットは少ないです。

短距離走の液タブ、長距離走の板タブというイメージで使っています。

今は短距離走に身体が耐えられないので、板タブなことが多いです。

絹谷ゆたか先生の過去イラスト

過去の絹谷先生にご質問です、絵の練習をしたいと思い立った時にもし身近に頼れる先生やプロがいたら何を教えてほしいですか?

絹谷ゆたか先生
私はイラストレーターになることはできますか? と聞いてしまうかもしれないです。

絹谷ゆたか先生:私は美大にも専門学校にも行っていないので、その状態ではイラストレーターにはなれないと思っていました。

今は発表する場がいくらでもあって、やり方次第で沢山の人に見てもらうことができることを知っているので

あまり意味がない問いかもしれません。

SNSの勢いが益々加速しておりますが、作家への道を切り開きたいと考えるプロ志望の皆様にはどのような目標や活動を勧められますか?

絹谷ゆたか先生
定期的にSNSにイラストをアップロードして、見てもらえる機会を増やすことはよいのではないかと思います。

絹谷ゆたか先生:絵が描けないときでも、好きなイラストレーターさんやアニメーターさんの絵を眺めているだけで勉強になりますし、

イラストを描く友人等ができたらモチベーションも上がりますよね。

弊社は個別指導のイラスト・マンガ教室を運営しているのですが、個別指導で一人づつの課題に対して提案や指導が受けられるスクールについてどう思いますか?

絹谷ゆたか先生
個別指導ですと特にモチベーションを保ちやすいのではないかと思います。

絹谷ゆたか先生:絵を描きだしたばかりのタイミングだと、そもそも人に絵を見てもらえる機会自体が少なく

自分が上達しているか分からなくなってしまうことが多いので

そこを個別指導でフォローしてもらえると絵を描くのを続けていく助けになりそうだと感じました。

今後の活動について、やってみたいことや目標はありますか?また絹谷先生のようにプロの作家を目指す皆さんへメッセージやアドバイスをあわせてお願いします。

絹谷ゆたか先生
今後はイラストの表現だけではなく、アニメーションや3Dなどにも挑戦してみたいと思っています。

絹谷ゆたか先生:2021年に自主制作でゲームを作成したのですが、表現手法をいろいろ試すのも楽しいなと感じるようになりました。

ストーリーを練った同人誌等も考えています。

私は少し回り道をして作家になったのですが、最終的に一番役に立ったのは働きながら少しずつ貯めていたお金でした。

あまり夢のない回答になってしまいますが、お金があればある程度の時間を買うことができるのでおすすめです。

あとは自分の好きなものを大事にして制作をしていると、描けば描くほど自分が幸せになります。

自分が好きだなと思うものは、見ている方からも好きだと言っていただく機会が多い気がします。

作家紹介:絹谷ゆたか先生

絹谷ゆたか先生
ふわふわ耳の子や、人間とはすこし違う子を描くのが好きなイラストレーターです。

東京のゲーム会社にてイラストレーターとして勤務し、

イラストの制作やディレクション、キャラクターデザイン、衣装デザイン等を経験した後、

フリーランスとして独立しました。

現在はイラストのお仕事をお受けしながら、

自主制作としてオリジナルキャラクターの創作活動も行なっています。

2021年には自主制作の短編ノベルゲーム『 SMOKY WHITE 』をリリースしました。

絹谷ゆたか先生のTwitter

イラスト・マンガ教室egaco(エガコ)
この記事を書いた人
イラスト・マンガ教室egaco(エガコ)先生
Profile
イラスト・マンガ教室egaco(エガコ)の講師です。全国10教室とオンラインにて個別指導で作画レッスンを提供しており、今まで3000人以上の方にレッスンを提供してきました。全くの初心者の方にも選ばれていますので、これから上達したい方はぜひ一度無料体験にお越しくださいませ