button-texticon-angleicon-arrow-bottomicon-arrow-footericon-arrow-lefticon-checkicon-circleicon-closeicon-crossicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-mailicon-pinteresticon-plan-01icon-plan-02icon-plan-03icon-pocketicon-tagicon-twittericon-youtubelogo-simple
now
イラストのテイストを着せ替える
サイト内のイラストを
あなたの好みに変えられるよ!
テイストをいろいろに
変更しました
テイストをマンガに
変更しました
テイストをミニキャラに
変更しました
デジタルイラストでペンタブレットを使うと良いと思う3つの理由
デジタルイラストでペンタブレットを使うと良いと思う3つの理由


 
ペンタブ、いわゆるペンタブレットはデジタルでイラストを描こうと思っている方なら一度は耳にしたことがあり、あったほうが良いイメージはあると思うのですが具体的に何がどの様に良いのかを今日は書いていきましょう。
 
 

理由1:アナログ感覚でパソコンの操作ができるペンタブレット

 
ペンタブレットは、ペンとボード(またはモニタ)を使い、ボードでペンを動かしたり、タッチすることでマウスの代わりにパソコンを操作できる機器になります。

マウスとはどこが違うの?

イラストレーターの日常的な作業風景
ペンタブレットは、ボードと画面が連動していて、例えばボードの右上にペンを近づけると、ポインタが画面の右上に現れる仕組みになっています。
ですから、ボードの上で動かしたペンの動きがダイレクトにパソコンへ反映されます。
つまり、イラストを描く場合には紙に鉛筆で描くのと同じような感覚でデジタルイラストが描けるという優れものアイテムなんです。
ですから、マウス操作では行いづらい細かな操作や絵を描く動きもペンで操作するので、アナログと同じように絵が描けるのです。

理由2:筆圧感知機能で表現力の幅は無限大に!

次にペンタブレットの大きな特徴としては「筆圧感知機能」がついていることです。

筆圧感知?なんかすごそうですけど、何ができるんでしょう

筆圧検知とは、ペンでボードを抑えた強さを読みとることができる機能です。
本来マウスで描いた線は、一定の太さのみか徐々に細くなるといった線しか描画できません。
ですが、筆圧感知の機能をつかうとペンをおさえる強さで線の太さを調節できるようになり、いわゆる、アナログペンで書いたような「入り」と「抜き」が表現できるようになります。
また、ブラシの設定によってはインクの濃さや透明感の調整も筆圧で行うことができるので、水彩画や油絵のような絵画的表現も可能です。

理由3:作業のスピードが格段にアップ!

ペンタブレットを使うことで作業スピードが格段に上がります!
ペンタブレットはボードとパソコンのモニターとが連動する仕組みになっており、ツールの選択やコマンドも素早く行えます。
また、備え付けのボタンやタッチ機能を利用すれば、ショートカット操作でさらに作業のスピードをアップすることができます。
ペンタブレットは今やデジタルでイラストを描くためには欠かせないツールとなっていますので、ぜひ使ってみましょう。
岐阜のイラスト教室Smilesではタブレットを使ったテジタル作画の体験授業も随時行っております。
気軽にご相談ください!!

無料体験のお申込み
無料体験のメリット
  • 教室の雰囲気や講師の人柄を確認できる!
  • 個別に受講内容提案をしてもらえる!
お名前
メールアドレス
電話番号
生年月日
性別
体験校舎
受講日
受講時間
その他ご要望など
個人情報の取り扱いについて
「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご確認いただき、
同意の上、以下の「同意する」にチェックして「入力内容の確認へ」ボタンを押してください。
egaco編集部
この記事を書いた人
egaco編集部先生
Profile
イラスト・マンガ教室egacoです。初心者の方にもわかりやすく、描き方や上達に役立つ情報を発信しています。