button-texticon-angleicon-arrow-bottomicon-arrow-footericon-arrow-lefticon-checkicon-circleicon-closeicon-crossicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-mailicon-pinteresticon-plan-01icon-plan-02icon-plan-03icon-pocketicon-tagicon-twittericon-youtubelogo-simple
now
イラストのテイストを着せ替える
サイト内のイラストを
あなたの好みに変えられるよ!
テイストをいろいろに
変更しました
テイストをマンガに
変更しました
テイストをミニキャラに
変更しました
PhotoshopとIllustratorの違いについて
PhotoshopとIllustratorの違いについて

デジタルで絵を描きたいけど、どんなアプリケーションを使ったらいいかわからない。。

というお悩みを持たれている方も多いと思います。
最近ですと、有料のものですと「sai」や「CLIP STUDIO」、
「Photoshop」や「Illustrator」といったアプリ
また、無料のものですと「FireAlpaca」や「MediBang Paint」がよく使われているようです。
特にプロのイラストレーターとなりますと、昔から利用されている「Photoshop」や「Illustrator」は
必ず使えた方がいいアプリになります。

「Photoshop」と「Illustrator」ってどう違うの?

よく受講生さまからこういった質問をいただくことがあります。
それもそのはず、この2つのアプリは同じAdobe社の開発でいつもセットで名前を耳にするからです。
では、具体的にどういったところが違うのでしょうか?
画像編集のアプリは大きく分けて「ペイント系」と「ドロー系」があり、その代表格がAdobe社の「Photoshop」と「Illustrator」なります。
実際には
ペイント系 → 「Photoshop(フォトショップ)」
ドロー系 → 「Illustrator(イラストレーター)」
となっています。
では、簡単にふたつの違いについて見ていきましょう!
ペイント系のアプリとドロー系のアプリの大きな特徴の違いは、画像の処理方法になります。
Photoshopのようなペイント系アプリは、「ピクセル」と呼ばれる小さな点の集まりによって画像を描画します。
いわゆるファミコンのドット絵のようなものですね。
p2のコピー
 
それに対してIllustratorなどのドロー系アプリは「点(ポイント)」と「線(パス)」のつながりによって図形を描画します。
子供が数を覚えるために点と線を繋いでいくようなイメージで図形にしていくものになります。
スクリーンショット 2017-03-15 12.01.58
それぞれ得意なことが違ってきますので、次回各アプリの特徴について詳しく見ていきましょう!

無料体験のお申込み
無料体験のメリット
  • 教室の雰囲気や講師の人柄を確認できる!
  • 個別に受講内容提案をしてもらえる!
お名前
メールアドレス
電話番号
生年月日
性別
体験校舎
受講日
受講時間
その他ご要望など
個人情報の取り扱いについて
「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご確認いただき、
同意の上、以下の「同意する」にチェックして「入力内容の確認へ」ボタンを押してください。
egaco編集部
この記事を書いた人
egaco編集部先生
Profile
イラスト・マンガ教室egacoです。初心者の方にもわかりやすく、描き方や上達に役立つ情報を発信しています。