button-texticon-angleicon-arrow-bottomicon-arrow-footericon-arrow-lefticon-checkicon-circleicon-closeicon-crossicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-mailicon-pinteresticon-plan-01icon-plan-02icon-plan-03icon-pocketicon-tagicon-twittericon-youtubelogo-simple
now
イラストのテイストを着せ替える
サイト内のイラストを
あなたの好みに変えられるよ!
テイストをいろいろに
変更しました
テイストをマンガに
変更しました
テイストをミニキャラに
変更しました
影の付け方・塗り方講座!影の種類を知って立体的な絵を描こう
影の付け方・塗り方講座!影の種類を知って立体的な絵を描こう

立体感のあるイラストを描きたいのに、いざ自分で色塗りをすると影の付け方が分からなくて困ってしまった、そんな経験はありませんか?

この記事では光源を意識した影の付け方について丁寧にお伝えします。

この記事を読むことできっと立体的な色塗りができるようになるはずです!

独学に限界を感じたら
イラスト・マンガ教室へ!

影の基本!影の種類を学ぼう

影の基本用語まとめ

上の図は球体に陰影を付けたものです。

図のように、影と光には種類があります。これらの光と影を把握することで、より立体的に影を付けられるようになります。

まずはこれらの光と影について解説していきます。

ハイライトってなに?

ハイライトとは何かの説明

ハイライトとは、物体の中で最も明るい部分を指します。

物体の材質によってハイライトの強さが変わり、ガラスや陶器などの反射しやすい材質はハイライトが目立ちます。

明暗境界線ってなに?

明暗境界線の説明イラスト

明暗境界線とは、明るい場所=明部から暗い場所=暗部へと移り変わる境界線のことです。

この境界線を物体の形に沿って引くことで、立体感を出せます。

物体にできる影ってなに?

物体にできる影の説明

物体そのものに出来る影を「陰(シェード)」と呼びます。

物体から落ちる影ってなに?

物体から落ちる影の説明イラスト

物体にさえぎられて出来る影のことを言います。

この場合は球体にさえぎられて地面に落ちている影のことです。

この影を「落ち影」または「影(シャドウ)」ともいいます。

反射光ってなに?

反射光の説明イラスト

光が地面などに反射することによって起こる照り返しの光を反射光といいます。

影の付け方手順を実際に塗って解説

影の種類が分かったところで、この知識を用いて実際にイラストに影を塗ってみましょう!

手順1:光源を設定しよう

光源を設定しよう

まず最初に光がどこから当たっているのか(光源)を決めます。

光源によって影の形や付く場所が変化するため、イラストの雰囲気に大きく影響するポイントです。

どういうイラストにしたいか、完成形を想像しながら光源を決めるといいでしょう。

手順2:光源や影の種類を意識しながら塗ってみよう

影の塗り方の説明

光源が設定出来たら影を塗っていきましょう。

影は光源とは逆側に付きます。

ただし慣れないうちはパーツによって光源を間違えがちです。

分かりやすいように、別のレイヤーに図のように光源の方向を矢印などで描き入れておくといいでしょう。

影の種類を考えながら色や形を決めよう

影を塗る際は、物体に出来る影(シェード)なのか落ち影(シャドウ)なのかを考えながら塗りましょう。

物体にできる影を塗ったイラスト

上の図はイラストに「物体にできる影」を塗った状態です。

絵柄や光源の強さ、物体の形にもよりますが、基本的には「物体に出来る影(シェード)」は、落ち影(シャドウ)と比べるとやや薄めの色で塗るといいでしょう。

また物体に出来る影(シェード)は、物体の形そのものが激しく凹凸している箇所でなければ、基本的には明暗境界線も柔らかくぼかしてあげるのがおすすめです。

落ち影を塗ったイラスト

上の図はイラストに「落ち影」を塗った状態です。

「落ち影(シャドウ)」は、立体に出来る影(シェード)よりもやや濃い色で塗ると立体感が出やすくなります。

また基本的に、落ち影の影と明部の境界線はあまりぼかさずにシャープに描いて

あげるのがおすすめです。

落ち影と物体にできる影のレイヤーを合わせてみる

物体にできる影のレイヤーと落ち影のレイヤーを合わせるとこのようになりました。

説明のために図では別々に表示しましたが、実際に塗る際は物体にできる影と落ち影は、同時進行で塗っていくといいでしょう。

手順3:ハイライトを入れよう

ハイライトを塗ったイラスト

光源側にハイライトを入れましょう。

ハイライトを入れることで先ほど塗った影がより一層立体的に見えます。

人物を描く場合、髪の毛や瞳、または光沢のある衣類や装飾品などがハイライトの目立ちやすい箇所になります。

手順4:反射光を入れよう

反射光を塗ったイラスト

最後に光源とは反対側に反射光を入れましょう。

上の図では髪の毛先やスカーフ、セーラー襟の裏面などに特に強く反射光を入れています。

反射光を入れることでイラストに更に立体感や空気感を出せます。

また、この記事では手順3、手順4として順番に説明していますが、ハイライトや反射光は影の塗りと同時並行で塗り進めても構いません。

手順5:イラストの完成!

影を塗って完成したイラスト

背景を描いて、これでイラストが完成しました!

影の付け方に関するよくある質問

落ち影の影をぼかす場所がわかりません

egaco
講師が教える大事なポイント
POINT 近い落ち影は境界線をはっきり描き、物体が離れる箇所はぼかす
落ち影をぼかす場所の説明
光を遮っている物体から影が落ちている面までの距離が近ければ影の色は濃く、明部と影の境界線はハッキリとでます。 逆に、光を遮る物体から影が落ちる面までの距離が離れると、影の色は薄く、明部と影の境界線はぼやけます。 そのため、物体から近い落ち影は境界線をはっきり描き、物体が離れる箇所はぼかすといいでしょう。

イラスト全体の影の濃さはどうやって決めたらいいですか?

egaco
講師が教える大事なポイント
POINT 光の強さを考えて影の濃さ決める
光が強くなればその分影の色も濃くなります。 例えば冬の日差しと夏の日差しでは夏の日差しの方が強いため、夏の炎天下のイラストを描きたい場合は下地の色に比べて影の色を濃くしてコントラストを強くすると良いでしょう。

おわりに

この記事を読んだことで影の付け方が分かるようになったはずです。

この知識を踏まえて是非立体感のある塗りにチャレンジしてみてくださいね。

ただし、自分の付けた影がこれであっているのかは、最初は自分では判断ができず自信が持てないかもしれません。

当イラスト・マンガ教室でプロの講師のアドバイスを受けて、さらに踏み込んだ描き方のコツや、直接指導による効率のいい練習方法を学んではみませんか?

いまなら個別指導レッスンを無料で体験できます。

無料体験のお申込み
無料体験のメリット
  • 教室の雰囲気や講師の人柄を確認できる!
  • 個別に受講内容提案をしてもらえる!
お名前
メールアドレス
電話番号
生年月日
性別
体験校舎
受講日
受講時間
その他ご要望など
個人情報の取り扱いについて
「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご確認いただき、
同意の上、以下の「同意する」にチェックして「入力内容の確認へ」ボタンを押してください。
egaco編集部
この記事を書いた人
egaco編集部先生
Profile
イラスト・マンガ教室egacoです。初心者の方にもわかりやすく、描き方や上達に役立つ情報を発信しています。